レヴィが蓄積してきたシステムデザインに関するノウハウをもっと多くの人に届けて体験してもらうための機会として、オンラインセミナーシリーズ「システムデザインの学校」を開校しました。

対象
  • システムデザインやシステムモデリングってどんなことをするんだろう?と思っている初学者
  • システムモデルの活用方法や描くコツを知りたいという方
  • レヴィが提案する手法や提供するサービスに興味がある方
  • Balusを使ってみたいという方
特徴
  • 無料かつオンラインで実施するため、どこからでもどなたでも参加することができます
  • レヴィが提供する対話型モデリングツール「Balus」を使ってモデリングを体験することができます
  • 1回につき90分(大学の授業と同じ)という参加しやすい長さとなっています
  • テーマ別クラスでは様々な題材を扱うので、何回参加しても学びがあります
左)解説内容の一部、右)オンラインワークのイメージ

「システムデザインの学校」にはベーシッククラスの回テーマ別クラスの回があります。ベーシッククラスの回ではレヴィが提案するシステムデザインのためのフレームワーク「システミング」の基本的な解説と、Balusを使ったシステムデザインの体験ワークを行います。テーマ別クラスでは、特定の分野や課題を題材にして、Balusを使ったシステムデザインを実践するワークに取り組みます。

ベーシッククラスもテーマ別クラスも、どちらも繰り返し実施する予定です。システムデザインの学校に初めて参加される方は、まずはベーシッククラスの回にご参加下さい。ベーシッククラスの回にご参加済の方は、題材とご都合に合わせてお好きなテーマ別クラスにご参加下さい。

参加をご希望の方は各回の開催案内ブログにて詳細をチェックした上で、同ページに記載の参加申込みフォームからお申し込み下さい。基本的には開催日3日前を申込締切としています(例外もあるので、各回の開催案内ブログを必ずご確認下さい)。