無料体験キャンペーン

Balusを活用したリモート研修体験プログラム「システム思考の基礎」


レヴィが提供しているシステムデザインに関するトレーニングサービスの大きな特徴の一つは、自前のクラウドサービスである「Balus」を活用していることです。これにより、他ではできないリモートな演習やレビュー、非同期での進行が可能となっています。新型コロナウイルス対策をきっかけにリモートでの働き方や人材育成に関心が集まっている2020年春、レヴィではBalusを活用したリモート研修の一部を無料で提供するキャンペーンを実施しました。

キャンペーンについての詳細は下記のプレスリリースをご覧ください。
リモートでも効果的な研修を可能に!クラウド型のシステムデザインツールを活用した新しい形の研修を提案(PR TIMES)

今回は、キャンペーンに参加いただいた日々創発の山口雅和様のご厚意でリモート研修の様子を掲載する許可をいただいたので、事例として紹介したいと思います。

Balusのトライアルアカウントを配布

体験プログラムのダッシュボード

今回の無料体験キャンペーンの参加者の皆様にはBalusのトライアルアカウントをお渡しして、Balusのグループダッシュボードから、体験プログラムの中で使用するスライドや関連するテキストなどをダウンロードすることができるようにしました。

参加者の皆様には体験プログラム終了から1ヶ月の間、配布したトライアルアカウントをご試用いただきました。

前半:システム思考レクチャー

プログラムの前半では、システム思考に関する基本的なスライドレクチャーを受けていただきました。モノゴトをシステムとして捉えるシステム思考は、レヴィが提供するトレーニングやサービスの基盤となる考え方です。今回は次のような内容を解説しました。

  • システムの定義
  • システムを表現する言葉
  • システムの例、身の回りのシステム
  • システム思考とは何か?
  • ビューポイント、ビュー、モデル
  • システムモデル
システム思考に関するレクチャー

レクチャーと言っても講師が一方的に話すのではなく、「システムとは何か?」「システムの例を挙げてみましょう」「他にはどんなビューが考えられますか?」などの問いかけによって参加者の方とディスカッションしながら進めました。特に写真の山口さんの場合は、ご自身がシステム思考に基づくコンサルティングなどを手掛けているプロフェッショナルな方でしたので、レクチャーというよりも完全にディスカッションになっていました。

後半:システムモデリング(Balusを使った演習)

レクチャーパートの次はBalusを使って参加者と講師が一緒にシステムモデルを構築してみるという演習を行いました。レクチャーで扱ったシステム思考の実践なので、一般的な機能システム(コンピュータや家電製品など)ではないモノゴトをシステムとして捉えて、そのシステムを取り巻くコンテキストや、そのシステムと外部要素との情報のやりとりをモデル化してみました。

山口さんの場合は、ご自身の専門領域である「医療」を題材にしてシステムモデリングに取り組みました。下の図はその時の様子です。

※ 練習のための簡易版としてモデルを描いているので、モデルそのものは必ずしも正確、完全ではありません。

Balusを使ったモデリング演習

山口さんがBalus上で構築したシステムモデルは、クラウドを通して即座にレヴィ側の講師に共有されます。さらにBalusでは、システムモデルの特定の部分にメンションする形でコミュニケーションをとることができます。これにより、遠くにいながらも一緒にシステムモデルを構築するような体験ができます。

システムモデルを通したコミュニケーション

参加者の声

体験プログラム終了後にご回答いただいたアンケートから、感想の一部を紹介します。

  • 概念的な内容を具体例を挙げながら初学者にも分かりやすく解説していただけました。また、オンライン研修にありがちな一方通行の講義ではなく、講師の方との双方向のやりとりが取り入れられている進め方も理解を深める意味で効果的でした。ありがとうございました。(創発コンサルタント/ファシリテーター)
  • システム思考の理論を学ぶだけでなく、それを実際にBalusで体験できることが、とてもよかったです。Balusにも様々な可能性が感じられました。貴重な時間をいただき、ありがとうございました。(行政職員)
  • 参加しやすい環境を整え、丁寧にご教導いただきありがとうございました。コロナ対策の一つとして、リモート研修を体験する目的で受講しました。最初は90分は長いなと思っていましたが、実際にはあっという間でした。(医療従事者)
  • 誰と何のために共有するかは日頃重視しているつもりでしたが、システム思考を用いれば常にそこを意識しながら進めることができると感じました。医療現場で抱える問題は、年々多様かつ多数の事象が絡み合い複雑化しています。ビューポイントという概念はとても興味深く、組織としても個人としても習得したいと思いました。(医療従事者)

おわりに

新型コロナウイルス対策をきっかけに、多くの企業がリモートワークなどの新しい働き方を導入しています。集合型研修のあり方も再考の対象となっており、地理的に同じ場所に集まらなければならないような従来のやり方ではなく、分散拠点や自宅に居ながらスキルアップができる方法が模索されています。

研修で行われるトレーニングの中には、従来形式のe-ラーニングだけでは置き換えることのできないものが数多くあります。例えば、グループでのディスカッションを必要とするものや、実践的なプロジェクト活動に取り組むもの、講師からのこまめなレビューを必要とするものなどがそれにあたります。

レヴィはBalusを活用することで、そのような活動を含む研修やトレーニングについて、遠隔や非同期であっても高い効果を発揮するプログラムを開発し、多数実践してきました。今回はその一部をキャンペーンとして無料で提供し、多くの皆様にご体験いただきました。システム思考やシステム設計に関する研修や人材育成について、集合型ではない新しい方法にご興味・ご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。